NXP倫理

NXP倫理

NXPは、企業としての最高水準の倫理および誠実性を確実に順守することにより、常に従業員、投資家、顧客、ベンダー、および地域社会からの信頼を得るように努めます。

行動規範(以下、規範)は、企業姿勢および意思決定の指針となる原則、基準、および責任に対する誓約を明文化しています。規範は、利害の対立、賄賂、汚職、詐欺、不正経理、および企業の資産や資金の不正利用などの非倫理的行為を禁じます。事業活動を行う各国の法規の順守、および労働と人権の国際基準への適合を義務付けます。さらに、機密情報や知的財産の保護、規定の商慣行に準じたサプライヤの選択、および公表されているすべての条件の厳守を要求します。倫理および誠実性の順守は、規範に基づいて日々の業務において実践されます。

NXPは、規範の順守を監視および評価し、違反の申し立てがあればその都度審査します。問題が見つかった場合、その根本原因を分析し、関連する社内の管理体制を修正して以降の再発を防ぎます。また、企業としての順守状況を追跡し、その達成度を四半期毎に最高財務責任者 (CFO)、法務担当役員 (GC)、および取締役会の監査委員に報告します。

規範労働と人権サプライヤ責任、および紛争鉱物の監査基準の詳細については、それぞれのセクションをご覧ください。