自律運転
セキュアに、そして安全に

先進運転支援システム(ADAS)は、今後増加する自動運転車の基礎を形成します。NXPは、「自律運転ロボット」技術の複雑さを習得しています。NXPのソリューションは、すべての旅を安全で、セキュアで、楽しめるものとするための一助となります。

どのように貢献するか

自動運転車は、単なる4つのタイヤの頭脳であればいいわけではありません。安全に関する決定を正確に行うには、たくさんの複雑なセンサ技術だけでなく、そのクルマの周囲環境や正確に検知された障害物のデジタルマップを描く必要があります。自動運転車は1分あたり1GB以上のデータを生成すると予想されており、クルマは完璧なインテリジェンスをもって複数の情報の流れをセキュアに実行しなければなりません。このチャレンジを克服するには、人間の体のように、中央の頭脳だけではなく、強い神経が必要です。同時に、自動運転車には、出力を作り出し、クルマを動かし、システムを制御するために、スマート・アクチュエータが必要となります。

NXPは、クルマが感知し、考え、行動することを可能にする、自律運転用製品ポートフォリオとソリューションを提供します。

  • 感知する: レーダーIC、セキュアV2X、ビジョン技術は、クルマの最先端の目や耳として機能します。
  • 考える: すべてのアーキテクチャ・ドメインにまたがる全体的なインテリジェンスが、信頼できる意思決定を実現します。高性能で低消費電力のセンサ・フュージョンが、この中核となります。
  • 行動する: モーター制御、電力/バッテリ制御、インテリジェント・アンプ、LEDドライバを含む、広範なスマート・アクチュエータを提供します。

レーダー

NXPはレーダー・ベースのADAS関連半導体のリーダーであり、ドライバーや乗客により高い安全を届けるため、2016年には、50%以上のレーダーモジュールがNXPのプロセッシング並びにフロントエンド技術を搭載して出荷されたと予測されています。

詳細

セキュアV2X

NXPは、渋滞の緩和、環境汚染の低減、安全な道路を実現するために他の自動車やインフラとの安全な通信を実現する、セキュアな車車間/路車間通信(V2X)システム・ソリューション(RoadLINK™)で、業界を牽引しています。

詳細

ビジョン

NXPのビジョン・プロセッサは、歩行者検知、車線保持、信号認識、衝突回避、およびブラインド・スポット・モニタリング(BSM)のような、非常に重要な機能を駆動するための性能および機能を提供します。

詳細

センサ・フュージョン

自動運転車は、決定を下すために、クルマの至るところに搭載されているセンサの出力を調整しなければなりません。NXPのBlueBox開発プラットフォームは、クルマの周囲360°の認識をするために、まったく異なるデータの流れを融合します。

詳細