NXPのSmartMX2、ヨルダンの初電子IDカードに採用へ

NXPのSmartMX2、ヨルダンの初電子IDカードに採用へ

最新の非接触型生体認証カード、国家安全保障の強化とヨルダン国民向けの社会/経済的電子サービスの拡充を実現

NXPセミコンダクターズN.V.は、 ヨルダンのシビル・ステータス/パスポート局(CSPD)が新しい非接触型国民IDカード向けにNXPのセキュアなSmartMX2マイクロコントローラの採用を決定したと発表しました。ヨルダン情報通信技術省(MoICT)は、ヨルダンの新しいSmartMX2ベースのIDカードの導入が、国家安全保障の強化、偽造防止機能の向上、公共サービスの拡充に貢献すると期待しています。デジタル・セキュリティの世界的なリーダー企業で、同プロジェクトのプライム・コントラクターであるGemaltoとの協力により、NXPはマイクロコントローラにGemaltoのSealys MultiApp IDオペレーション・システムを組み込んでいます。

新しいヨルダンの国民IDカードは多機能な身分証明(ID)カードとして、従来の身分証明書として使用できるほか、旅行スケジュールの保存、eバンキング・サービスへのアクセス、セキュアな投票、保険検証などの広範で新しい社会/経済的組み込みアプリケーションを実現します。カード保有者の写真や指紋などの個人データと生体認証情報は、SmartMX2チップにデジタル形式でセキュアに保存されます。さらに新カードは更新手続きのための混雑軽減と所要時間短縮を可能にするだけでなく、詐欺や偽造を減らすとともに、セキュリティや政府サービスの強化を実現します。

NXPのセキュリティ/コネクティビティ部門担当上級副社長のRuediger Strohは「個人データの保護はセンシティブな課題で、セキュアなIDソリューションを必要とするだけでなく、スムーズなシステム実装を行うことのできる信頼のおけるパートナーを必要とします」と述べ、さらに「NXPは市民によりスマートでよりセキュアな生活を可能にする電子パスポート、IDカード、健康保険カード、車両登録証、運転免許証などの電子政府アプリケーション市場に関する長年のノウハウを蓄積しています」と語りました。

世界的に多くの人々が、個人のプライバシーを保護し、PINコードや生体認証を通じてよりセキュアなID認証を可能にする電子IDソリューションの恩恵を受けています。NXPのSmartMX2ファミリ製品は既存のインフラや機器と互換性があり、他の市販製品の多くに比べ、トランザクション速度を倍増するとともに、超低電力の維持を可能にします。SmartMX2製品ファミリはICAO(国際民間航空機関)、米国防総省、ドイツ連邦政府などの世界の機関により、安定性と信頼性が高く、最高度のセキュリティ標準に対応していることがすでに検証されています。 また、コモンクライテリア評価認証レベル(CC EAL)6+を取得しています。

NXPセミコンダクターズについて
NXPセミコンダクターズは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界35か国強で4万4,000名の従業員が活動しています。2015年の売上高は61億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.com/ja/(日本語)をご覧ください。

NXPセミコンダクターズジャパンはNXPセミコンダクターズが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RFおよびスタンダード製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. © 2016 NXP B.V.

リリース日

2016年8月23日

お問い合わせ

伊藤 利恵
Tel: 050-3823-7030
rie.ito@nxp.com