NXPとRioCard、リオデジャネイロのさまざまな交通ネットワーク向けの新型非接触決済ウェアラブルを発表

NXPとRioCard、リオデジャネイロのさまざまな交通ネットワーク向けの新型非接触決済ウェアラブルを発表

NXP、統合型交通システムの決済の簡素化と効率向上を実現

NXPセミコンダクターズN.V.はブラジルのリオデジャネイロ州の交通向けスマートカード・システムを提供するRioCardと協力し、RioCardのNXP MIFARE非接触型交通/決済ソリューションに新たに非接触型ウェアラブルを追加したと発表しました。

ブラジルで多数の地域的/国際的イベントが開催されている中で、RioCardの多様な非接触型ウェアラブルは、決済の簡素化や、バス、フェリー、地下鉄、電車などのすべての異なる交通モードでの効率向上、人々の移動手段の選択の自由を可能にする新たな交通モデルを実現する上で、重要なマイルストーンとなります。ブラジル第2の都市であるリオデジャネイロで、1,000万人超の国内外の通勤者がこの技術を利用できるようになります。

RioCardのエグゼクティブ・ディレクターのCassiano Rusycky氏は「NXPの技術を採用した新しいRioCardウェアラブルは、リオデジャネイロの市民と旅行者すべてに対し、交通機関の利用経験の改善、迅速化、セキュリティの向上を実現するという私たちのコミットメントの成果の一環です」と述べ、さらに「今回の採用を決める動機となったのが、NXPの非接触型技術を基に続いているサクセス・ストーリーです。私たちのソリューションは公共交通機関へのアクセスの簡素化を実現する技術的遺産を創出し、一般の人々の満足度を向上させます」と語りました。

NXPのMIFARE非接触型ICを採用した防水ウェアラブルの投入は、RioCardの交通系業務に新たなセキュリティと利便性を提供します。NXPのウェアラブル・ソリューションは成熟したEMVCo認証済みプラットフォーム、認可済みオープン決済アプリケーション(Visa、MasterCard、American Express、Discover)、NXPのMIFARE非接触型ICへのフルアクセスにより、さまざまな決済モードの真の「融合」を実現します。

NXPセミコンダクターズN.V.の米州における決済/ID認証責任者のSuresh Palliparambilは「NXPは常に技術的なリーダーシップに注力しています。今回のパートナシップは、世界の都市にセキュアなコネクテッド決済経験を提供するという私たちのビジョンに大きな成果をもたらしました」と述べ、さらに「カードの代替手段としてのウェアラブル・ブレスレットはスループットの高速化を可能にするとともに、通勤者にまったく新しいレベルのスマートで真の利便性を提供します」と語りました。

NXPのMIFARE非接触型ICは2004年以来RioCardに使用されており、RioCard交通システムで使用されているすべての非接触型デバイスで中核的な役割を果たし、多くの乗客にセキュリティと利便性を提供しています。

関連写真はこちらからダウンロードできます。

NXPセミコンダクターズについて
NXPセミコンダクターズは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界35か国強で4万4,000名の従業員が活動しています。2015年の売上高は61億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.com/ja/(日本語)をご覧ください。

NXPセミコンダクターズジャパンはNXPセミコンダクターズが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RFおよびスタンダード製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

NXP、NXPロゴ、MIFAREはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. © 2016 NXP B.V.

リリース日

2016年8月25日

お問い合わせ

伊藤 利恵
Tel: 050-3823-7030
rie.ito@nxp.com