NXP、成長を遂げる世界の車載モーター制御市場向けにMagniV MCUラインナップの製品数を2倍に拡充

NXP、成長を遂げる世界の車載モーター制御市場向けにMagniV MCUラインナップの製品数を2倍に拡充

NXPのMagniV製品ラインナップの包括的な拡充により、モーター制御システム開発の迅速化と簡素化が可能に

NXPセミコンダクターズN.V.は、業界をリードする車載モーター制御用マイクロコントローラ(MCU)ファミリの製品ラインナップをさらに拡充するとともに、製品開発期間の大幅な短縮を可能にする新しい広範なハードウェア、ソフトウェア、統合型モーター制御ソリューションを発表しました。NXPの新しい統合ソリューションは、完全に機能するモーター・システムの立ち上げをわずか10分で可能にし、システム開発の大幅な簡素化と設計サイクルの短縮を実現します。

IHS Markit Technologiesによると、今年の車載電動モーターの出荷台数は約30億に達する見通しで、その大半がDCモーターとブラシレスDCモーターだと予想されています*。

NXPの新しいMagniVソリューションは、電源回路、通信物理層(PHY)、特定用途向け駆動回路を内蔵したシングルチップの高電圧MCUです。このソリューションはモーター制御開発ツールボックス(Motor Control Development Toolbox)、MCAT、FreeMASTERなど、チューニング/デバッグ・サイクルを短縮する先進的な開発ツール・イネーブルメント技術を特長としています。また、NXPは開発時間のさらなる短縮のため、すべてのMagniVデバイスにAutomotive Math and Motor Controlライブラリ(AMMCLib)とともに、ハードウェア/ソフトウェア開発時にリファレンスとして利用できる特定用途向け開発キットを提供します。これにより、コンパクトで高効率の車載モーター・システムの迅速な開発を可能にする強固なイネーブルメント・プラットフォームが実現します。

今回の新しい17製品の追加により、広範な車載システムとモーター・アプリケーションの制御向けに高い評価を得ているNXPのMagniV MCUラインナップの製品数が2倍以上に拡大しました。すべてのMagniV MCU製品と同様に、今回発表された新製品は共通のプラットフォームの採用により効率的な開発を可能にするとともに、ハードウェア/ソフトウェアの再利用のために最適化されています。

NXPの汎用/統合型車載MCU/プロセッサ・ソリューション・ビジネス・ラインのバイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャーのManuel Alvesは「自動車では電気/電子部品の採用の増加が続いており、流体ポンプ、冷却ファンなどの広範な車載システムの制御に使われる電動モーターの大幅な成長をけん引しています」と述べ、さらに「NXPの最新のMagniV MCUは、世界各地で使用される車載システム向けの複雑なモーター制御を簡素化することにより、ソフトウェア開発の煩雑さと所要時間の大幅な低減を可能にします」と語りました。

製品/技術概要
NXPの車載モーター制御用アプリケーション向け新製品の特長は以下のとおりです。

  • S12ZVM MCUファミリの新製品は内蔵フラッシュ・メモリが16KBから256KBまでに広がり、CANまたは高電圧パルス幅変調(HV-PWM)用PHY(物理層)を搭載した新たな製品も投入されました。また、LINバージョンも新たに拡充され、ポンプ・ファンなどの各種アプリケーション間、あるいは異なる自動車メーカーのプラットフォームやマルチ通信プロトコル間でソフトウェアとハードウェアの再利用を可能にします。さらに、新製品のS12ZVMAとS12ZVMBは、MOSFET駆動の各種の単方向/双方向DCモーター・アプリケーションに対応しています。
  • S12VR MCUファミリでは、新たにコスト効率の高い32ピン・パッケージで16~32KBのフラッシュ・メモリを内蔵した製品を追加し、中国やその他の急成長中の市場向けのエントリー・レベルの挟み込み防止機能付きパワーウィンドウや、サンルーフ・アプリケーションなどをターゲットとしています。
  • 高度に最適化され、直ちに製品に適用可能なAMMCLibライブラリを、評価・開発用途向けに無償で提供します。量産ライセンス価格は従来より50パーセント引き下げられており、S12 MagniV、S32K、MPC56xx/57xx MCUなどのNXP車載用製品ラインナップ全般に適用可能です。
  • AMMCLibでは、先進的なモーター制御アルゴリズムが新たに採用され、シングルシャント/デュアルシャント構成で電流を検出するセンサレスPMSMベクトル制御をサポートします。
  • モデル・ベースのソフトウェア開発用モーター制御開発ツールボックス(Motor Control Development Toolbox)と、今回新たにMagniV MCUをサポートするFreeMASTERランタイム・デバッグ・ツールが、NXPの車載用製品ラインナップ全般にわたって無償で提供されます。
  • さらなる高信頼性・高安全性:これらの新製品は、AEC-Q100 Grade 0車載規格を満たし、周囲温度150℃までの過酷な環境での動作に対応可能なパッケージ・オプションを含みます。加えて、すべての新しいMagniV製品は厳格なISO26262規格に対応して開発されており、機能安全要件への準拠を加速させるための支援が提供されます。

  • 供給
    新しいS12ZVM / S12VR製品の全ラインナップはこちらでご覧ください。新しいS12ZVMA / S12ZVMB MCUは主要なお客様向けにサンプル供給中で、量産開始は2017年の予定です。新製品には、最低15年の供給体制が確保されるNXPの長期製品供給プログラムが適用されます。条件と対象製品リストはこちらをご覧ください。

    NXPセミコンダクターズについて
    NXPセミコンダクターズは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界35か国強で4万4,000名の従業員が活動しています。2015年の売上高は61億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.com/ja/(日本語)をご覧ください。

    NXPセミコンダクターズジャパンはNXPセミコンダクターズが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RFおよびスタンダード製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

    NXP、NXPロゴ、MagniVはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. © 2016 NXP B.V.

    * IHS Markit Technology Electric Motors for Automotive Applications Report, 2015に基づく情報。情報はNXPセミコンダクターズが支持するものではありません。これらの結果に対するいかなる依存も第三者の責任によるものとします。詳細はhttps://technology.ihs.com/をご覧ください。

    リリース日

    2016年10月31日

    お問い合わせ

    伊藤 利恵
    Tel: 050-3823-7030
    rie.ito@nxp.com