NXP、スマート・コネクションの速度と信頼性を向上する新しい高性能無線LAN用ローノイズ・アンプを発表

NXP、スマート・コネクションの速度と信頼性を向上する新しい高性能無線LAN用ローノイズ・アンプを発表

アンプとスイッチの統合により、いつでもどこでも携帯電話、タブレット、ウェアラブル、小型IoT機器を使用し、ネットワークへの接続を求める消費者のニーズに対応した強力なWLAN信号を提供

NXP Semiconductors N.V.はスマートフォン、タブレット、ウェアラブル、小型IoT機器でのスマート・コネクションの速度と信頼性を向上する新しいスイッチ内蔵無線ローカル・エリア・ネットワーク(WLAN)ローノイズ・アンプ(LNA)を発表しました。新しいWLAN LNA+スイッチ・ファミリはより強力なWLAN信号の提供により、高性能と低電流機能の両方を実現します。これにより、メーカーはWLANコネクティビティの強化とより強力な信号の提供が可能になり、消費者はいつでもどこでもネットワークに接続する経験をシェアすることができるようになります。

NXPのシニア・マーケティング・ディレクターのChris Kellyは「スマート環境やIoTでは、モバイル機器を通じてこれまでにない大量のトランザクションが発生しています。これによる需要の増大に伴い、より強力で高性能の無線LAN受信へのニーズが高まっています」と述べ、さらに「NXPはモバイル市場での技術革新を引き続きリードしており、私たちの新しいデバイス・ファミリはより価値の高いモバイル機器性能を提供することから、メーカーにとって今日の消費者のニーズを満たすことにおいて魅力のあるWLAN選択肢となります」と語りました。

新しいスイッチ内蔵ローノイズ・アンプはより高いスループット標準を採用しており、最新の802.11ac 1Gb/s標準を含め、WLANアプリケーションの受信感度を強化します。WLAN LNA+スイッチ・ファミリはNXPの高性能QUBiC第8世代SiGe:C技術を使用しており、クラス最高のノイズ指数、直線性、効率、低挿入損失CMOSスイッチのメリットと、SiGe技術の特長であるプロセス安定性と堅牢性の両方を有する製品となります。

供給
NXPのWLAN LNA+スイッチ・ファミリはBGS8324、BGS8358、BGS8424、BGS8458で構成されており、業界をリードするモバイルWLANシステム・オン・チップ(SoC)サプライヤがリファレンス・デザインを提供しています。

NXPの技術をCES 2017で紹介
NXPは1月5日から8日まで米国ラスベガスで開催されたCES 2017に出展しました。よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションをNXPがどのように可能にするかについて、ラスベガス・コンベンションセンターのCentral PlazaのNXPブースとNXP Smarter World Tourトラックで、革新的なデモにより紹介しました。

NXP Semiconductorsについて
NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界35か国強で4万4,000名の従業員が活動しています。2015年の売上高は61億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.com/jp/(日本語)をご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RFおよびスタンダード製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. © 2016 NXP B.V.

リリース日

2017年1月17日

お問い合わせ

伊藤 利恵
Tel: 050-3823-7030
rie.ito@nxp.com