NXP、IoT向けのセキュアなプラットフォーム・ソリューションを発表

NXP、IoT向けのセキュアなプラットフォーム・ソリューションを発表

セキュアで信頼性の高いシステムの構築、展開、接続のための包括的なツールとインフラの利用が可能に

デジタル時代では電子システムのセキュリティと信頼性は重要な懸念事項となっていますが、IoTですべてがつながりつつある中で、こうした懸念がさらに強まっています。NXP Semiconductors N.V.は信頼性の高いコネクテッド製品を構築するためのセキュアなプラットフォームの詳細を発表しました。NXPのトラスト・アーキテクチャ技術に基づくQorIQ Layerscape Secure Platformは、IoT機器向けのセキュアで信頼性の高いシステムの容易な構築を可能にします。このプラットフォームは製品ライフサイクルのあらゆる側面でセキュリティ機能と信頼性を組み込むためのハードウェア、ソフトウェア、プロセッシング機能を包括的に提供します。

最近のセキュリティ侵害事例を見ると、ウェブカメラやセット・トップ・ボックスなどの日常的に使われるデバイスでさえ、インターネット・インフラへの攻撃やその所有者に対するスパイ行為に使用できることを示しています。セキュアで信頼性の高い製品ライフサイクルのあらゆる側面に対応する技術をベースにしない限り、こうした悪用からIoTソリューションを保護することは不可能です。NXPは数十年にわたって軍用、航空宇宙、産業市場向けのセキュアな組み込みシステムの供給で培ってきた経験を活用し、Layerscape Secure Platformを開発しました。

Layerscape Secure Platformの主な構成要素

  • NXPトラスト・アーキテクチャ:シリコン・ベースのハードウェア・ルート・オブ・トラスト。このトラスト・アーキテクチャ技術はセキュアな起動、セキュアなデバッグ、改ざん防止、ランタイム整合性チェック(RTIC)、秘密鍵保護機能を提供します。
  • セキュア・プロビジョニング・ツール:コード署名、セキュリティ・ハードウェア・ポリシー設定、セキュアな認証情報インストール/メンテナンスを提供し、OEM企業やサードパーティのデバイス・ライフサイクル・マネジメント(DLM)フレームワークへの容易な統合を可能にします。
  • 信頼性の高いLinux:セキュアなOSに基づく信頼性の高いアプリケーションとサービスが含まれています。
  • ネットワーク・セキュリティ・スイート:IPsecやSSLなどのハードウェア加速セキュリティ・プロトコルを通じたセキュアなコネクティビティのほか、ファイアウォールやディープ・パケット・インスペクション機能を提供します。

NXPのデジタル・ネットワーキング担当バイス・プレジデントのNoy Kucukは「セキュリティと信頼性は私たちのコネクテッド・ワールドに不可欠です。セキュアで信頼性の高いプラットフォームに基づいて構築されていないデバイスは、インターネットに接続すべきではありません。すべてのNXP QorIQプロセッサは、Layerscape Secure Platformの基礎であるハードウェア・ルート・オブ・トラストを提供するトラスト・アーキテクチャ技術を使用しています」と述べ、さらに「新しいのは私たちがトラスト・アーキテクチャを中核として提供しているソフトウェアです。Layerscape Secure Platformはシステムのライフサイクル全般を通じて、信頼性機能とセキュリティ・アクセラレーションの使用を包括的にサポートします。私たちはお客様の製品への先進的なセキュリティ機能の実装を容易にします」と語りました。

The Linley Groupの主席アナリストのLinley Gwennap氏は「NXPの組み込みプロセッサに組み込まれたセキュリティ機能は高い評価を受けてきました」と述べ、さらに「Layerscape Secure Platformはネットワーク機器やIoTデバイスなどの組み込みシステムにセキュリティ機能を実装するためのハードウェアやソフトウェアの包括的なパッケージです。最近の事件が残念ながら示しているように、強力なセキュリティ機能は今日の製品設計において最重要課題となっています」と語りました。

Layerscape Secure PlatformはIoTデバイスやIoTゲートウェイのOEM企業やODM企業に、信頼性の高いシステムの構築、展開、維持、使用停止を可能にするために必要なツールとインフラを提供します。また、Layerscape Secure Platformのツールと手法により、製造現場で同様なセキュアで信頼性の高いシステムの構築を不要にする分散型製造モデルをサポートしています。

設計者やメーカーも、現在のプロセスの再検討、潜在的脆弱性の特定、解決策の検討のために、セキュリティ・コンサルティング・サービスを通じてNXPのセキュリティに関する深い専門知識を活用することができます。

2月13日から17日にかけて米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催されたRSA 2017のNXPブースで、ランタイムのシステム改ざん防止(RTIC)を行うNXPのトラスト・アーキテクチャ技術のユニークな機能が紹介されました。

詳細についてはこちらをご覧ください。

NXP Semiconductorsについて
NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界33か国強で3万1,000名の従業員が活動しています。2016年の売上高は95億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.com/jp/(日本語)をご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RF製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

NXP、NXPロゴ、QorIQ、LayerscapeはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。ARMはARM Ltd.またはEU/その他の地域における子会社の登録商標です。All rights reserved. © 2017 NXP B.V.

リリース日

2017年2月21日

お問い合わせ

伊藤 利恵
Tel: 050-3823-7030
rie.ito@nxp.com