NXP、オムニチャネル・リテール・データ向けに電力効率が業界最高レベルのグローバルRAIN RFIDチップを発表:お客様のリテール購入体験を革新

NXP、オムニチャネル・リテール・データ向けに電力効率が業界最高レベルの グローバルRAIN RFIDチップを発表:お客様のリテール購入体験を革新

超低消費電力チップにより、在庫管理の所要時間を削減。競合製品に比べ消費電力の20パーセント低減を可能に

NXP Semiconductors N.V.は新しいグローバルなUCODE 8 RAIN RFIDチップ・プラットフォームを発表し、RAIN RFIDの技術革新を新たな次元に高めました。この新プラットフォームにより、オムニチャネル小売企業にとってサプライチェーン管理の改善、売上拡大、お客様のショッピング体験の変革、ブランド・プロテクションが可能になります。

新UCODE 8はクラス最高レベルの読み取り感度により、すべてのカテゴリーの小売商品に対し高い在庫管理精度を実現する汎用RAIN RFIDチップで、比類ない性能と品質を提供します。新しい自動調整機能は、さまざまなカテゴリーの商品やグローバル展開においても均一な高性能読み取り率を実現します。さらに、ユニークなブランド識別子機能は製品真贋を可能にするため、偽造品識別をサポートしグレーマーケット対策に有効です。このソリューションは、小売企業、ブランド・オーナー、ラベル・メーカー、システム・ソリューション企業など、サプライチェーン管理やブランド・プロテクションのために最高のRAIN RFID技術導入を検討している企業に最適です。

NXPのRFIDソリューション・ディレクター・セグメント・マネージャーのRalf Kodritschは「小売業界では、すべてのチャネルで常に最適な商品を入手できるようにし、オムニチャネル戦略をサポートし、消費者のショッピング体験を向上するために、在庫の可視性の最適化とプロセス効率向上へのニーズが高まっています」と述べ、さらに「小売市場では製造、流通から店内在庫管理、最終的なお客様への販売に至るまでの全小売プロセスで正確性、速度、ブランド・プロテクションが非常に重要です。UCODE 8は極めて優れた性能を提供し、こうしたダイナミックなニーズに適切に対応します」と語りました。

革新的な自動調整機能によりコストを節減
RAIN RFIDチップ・プラットフォームは、多様な商品に対しさまざまな周波数帯に応じて均一の可読性を提供する自動調整機能を特長としています。この機能は地域固有のアンテナ設計の必要性を軽減し、コストを低減します。また、メモリ・データの自動エラー修正によりデータ精度を向上するほか、全製品ライフサイクルにわたってメモリ・データ化けを防止します。2軸グルー・スペーサーと大面積の金接点パッドの採用により、アンテナ実装時の機械的ストレスによる不良発生率の低減が可能になり、性能低下を防ぎます。

エイブリィ・デニソンのRFIDイノベーション/プロダクト・マネジメント・ディレクターのGeorge Dyche氏は「RFIDインレイはグローバルなサプライチェーンを通じてすべての読み取りポイントに接触する唯一の素子です。私たちのビジョンは、各読み取りポイントで均一のグローバルな性能を提供すると同時に、業界にとって新たな用途の開拓を支援するインレイ製品を開発することです」と述べ、さらに「NXPのUCODE 8と私たちのグローバルなアンテナ・エンジニアリング・チームは、現在と将来の市場ニーズに対応する革新的な設計を可能にします」と語りました。

オーバーン大学RFIDラボのJustin Patton氏は「高密度パッケージ運搬システム機能、搬出入口のハンドヘルド機器、倉庫や小売フロアのオーバーヘッド・システム、盗難防止用出口ゲート、POSや部品検証用の近距離リーダーなど、多くの用途にわたって最適化されたチップセットの開発により、UCODE 8は新たな次元を切り拓いています」と述べ、さらに「UCODE 8はAuburn Retail Categories(ARC)の現在の認証済みカテゴリー(A、B、C、D、F、G、I、K、M、N、Q)のすべてでインレイ製品のコアとして機能し、グローバルなタグに対してだけでなく、多様な用途で使用される真の汎用タグに対しても、インレイ業界のニーズに対応します」と語りました。

UCODE 8の詳細についてはhttps://nxp-rfid.com/をご覧ください。

RFID Journal Live!でNXPの技術を紹介
NXPは5月9日(火)から11日(木)まで米国アリゾナ州フェニックスで開催されたRFID Journal Live!に出展し、ブース(ブース番号:804)でUCODEファミリ製品や他の革新的な技術のデモを行いました。

NXP Semiconductorsについて
NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界33か国強で3万1,000名の従業員が活動しています。2016年の売上高は95億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.com/jp/(日本語)をご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RF製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. © 2017 NXP B.V.

リリース日

2017年5月15日

お問い合わせ

増田 清美
Tel: 050-3823-7031
kiyomi.masuda@nxp.com