エレクトロビット(EB)とNXP、高度自動運転向け新プラットフォームで協力

エレクトロビット(EB)とNXP、高度自動運転向け新プラットフォームで協力

  • EB/NXPプラットフォームはEB robinosソフトウェア・フレームワークとNXPのBlueBox自動運転開発プラットフォームを組み合わせ、自動車メーカーによる自動運転機能の開発を容易に
  • NXP FTF Connects(6月20日~21日)で、NXPとEBは新プラットフォームの自動運転/バレーパーキング機能を初めてデモ

自動車業界向け組み込み/コネクテッド技術ソリューションのリーディング・デベロッパーであるエレクトロビット(EB)と、世界最大の車載半導体ソリューション・サプライヤであるNXP Semiconductors N.V.は、高度自動運転システム向けにNXPのBlueBox自動運転開発プラットフォームとエレクトロビットのEB robinosソフトウェア・フレームワークを統合したパワフルな新しい開発プラットフォームを実現するための提携を発表しました。この共同ソリューションにより、自動車メーカーにとって高度自動運転機能の開発が容易になります。

自動車メーカーは自動運転アプリケーションの効率的な市場投入にあたって、非常に困難な課題に直面しています。複数の車載センサからのマルチストリーム・データをいかに確実に素早く転送するか、複雑なソフトウェア開発に社内でいかに取り組むか、いかに差別化を図るか、などの課題に対するソリューションへのニーズが高まっています。これらは、長期的パートナーのEBとNXPが自動車メーカー向けに独自のベネフィットを持つ統合型ハードウェア/ソフトウェア・ソリューションの開発に取り組む際、いつも優先課題でした。

EB robinosについて

  • EB robinosは自動車メーカーと車載機器サプライヤにとって、進化する自動運転機能の開発と市場投入や、先進的な車載システムの複雑さの管理を可能にする、初の包括的な非ハードウェア依存型ソフトウェア・フレームワークで、特長は以下の通り
    • さまざまな異なる運転機能向けにオープン・インターフェースとソフトウェア・モジュールを備え、機能的で標準化されたアーキテクチャ
    • 自動運転に必須の最高の機能安全性とエラー管理を統合し、自動運転機能の開発の迅速化を可能にするモジュール方式アプローチ
    • 先進的な状況検知とパス・プランニング機能を可能にする人工知能(AI)
NXPのBlueBox自動運転開発プラットフォーム
  • NXP BlueBox
    • 世界の自動車業界が要求する厳しい安全性、消費電力、処理性能を満たす包括的な自動運転車コンピュータ
    • 複雑なマルチストリーム・センサ・データをリアルタイム処理。EB robinosソフトウェア・フレームワークがこれらマルチストリーム・データをNXP BlueBoxエンジンに転送、データ融合させ、車両の周囲の完全な360°モデルを生成
コメント
Vision Systems Intelligence, LLCの創業者で主席アドバイザーのPhil Magney氏は「自動運転車機能の開発は、さまざまな理由から困難さが増しています。自動運転車開発の最も困難な課題の1つが、ターゲット・プラットフォームとソフトウェア・コンポーネントとのインターフェースです。NXPのBlueBoxにEB robinosが対応可能になったことは、EB robinosオープン・インターフェース仕様を通じてハードウェア上のアプリケーション駆動が可能なことを意味します。これにより開発期間の短縮と、機能の適切な強化が可能になります」と述べ、さらに「NXPのBlueBoxは自動運転のリアルタイム処理と安全要件への対応を可能にするプロセッシングとサポート・ロジックの集合体です。EB robinosにより、開発者はビルトイン・アプリケーションを備えたフルAVスタック(ハードウェアとソフトウェア)による開発と、アプリケーションの迅速な開発に必要なパッケージのサポートが可能になりました」と語りました。

EBの戦略・パートナーシップ担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントのMartin Schleicher氏は「自動運転開発で先陣を切る自動車メーカーは複雑さの増加、競争の激化、非常に厳しい開発スケジュールなどの問題に直面しています」と述べ、さらに「NXPとEBはともに、パワフルで競争力向上につながる優位性を自動車メーカーに提供します。それにより、自動車メーカーは最高レベルの機能安全性に重点を置きながら、高度自動運転機能の開発を劇的に加速することができます」と語りました。

NXPオートモーティブ部門の自動運転プラットフォーム・アーキテクトのDavide Santoは「NXPのコンピューティング・エンジンであるBlueBoxとEB robinosソフトウェア・フレームワークは最適な組み合わせです」と述べ、さらに「自走式ロボットの実現に向け、2つの非常にパワフルなアイテムを組み合わせました。この取り組みは、オープン・プラットフォーム・サポートを提供するNXPの戦略の一環です。私たちはこのソリューションの展開を大変嬉しく思うとともに、近い将来、NXPのBlueBoxの一部としてEB robinosを提供していくことを楽しみにしています」と語りました。

関連写真はこちらからダウンロードできます

NXP Semiconductorsについて
NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界33か国強で3万1,000名の従業員が活動しています。2016年の売上高は95億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.com/jp/(日本語)をご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RF製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

エレクトロビット(EB)について
エレクトロビット(EB)は、自動車メーカー向けのエンベディッド・ソリューションとサービスで受賞歴がありビジョンを持つグローバルサプライヤーです。25年以上にわたり業界にサービスを提供してきた自動車ソフトウェアのリーダーであるEBのソフトウェアは8000万台以上の車両に搭載され、コネクティッドカー・インフラストラクチャー、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)技術、ナビゲーション、ドライバー支援、電子制御ユニット(ECU)、ソフトウェア・エンジニアリングサービス向けに柔軟で革新的なソリューションを提供しています。EBはContinental AG の完全子会社です。詳細はウェブサイトをご参照ください。https://www.elektrobit.com/

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. © 2017 NXP B.V.

リリース日

2017年6月22日

お問い合わせ

増田 清美
Tel: 050-3823-7031
kiyomi.masuda@nxp.com