NXP、デジタル・サービス時代の国民IDと個人情報を保護する次世代セキュリティ・プラットフォームを発表

NXP、デジタル・サービス時代の国民IDと個人情報を保護する次世代セキュリティ・プラットフォームを発表

ハイライト

  • 第3世代のSmartMXプラットフォームは、個人特定可能な情報(PII)、財務情報、個人データの保護が極めて重要な電子政府、決済、アクセス管理アプリケーションに最高のセキュリティを提供
  • セキュリティ・マイクロプロセッサの設計におけるNXPの15年の専門知識に基づき将来性を確保したプラットフォームは、電子認証市場の量産アプリケーションに対応するとともに新トレンドをサポート
  • 本プラットフォームはNXPのお客様に高い性能と柔軟性を提供し、新アーキテクチャはお客様の新製品の市場投入期間短縮を支援
NXP Semiconductors N.V.はデジタル・サービス時代に向けて開発され、国民IDカード、電子パスポート、決済、アクセス管理アプリケーションに先進的なセキュリティとプライバシー保護を提供する第3世代のSmartMXプラットフォームを発表しました。新プラットフォームは妥協のない性能とセキュリティを実現し、個人特定可能な情報(PII)やその他個人データの保護が極めて重要なセキュアID/決済アプリケーションに必要な、将来性を確保したセキュアなマイクロプロセッサを開発するために最適化されています。NXPのIntegralSecurityアーキテクチャ2.0をベースとしたパワフルなP71D320セキュリティ・コントローラは新SmartMX3ファミリの最初のソリューションで、コモンクライテリア『EAL 6+』認証を取得しています。

クラウド、IoT、センサ、モバイル機器のデータ管理などの革新的な情報技術は、新たなサービスに向けて多くの利点と機会を提供しています。しかし、ID盗難、詐欺、プライバシーへの懸念などの副次的影響が、これまでにないほど強まっています。世界の企業や政府は利用者のサービス体験を向上すると同時に、氏名、生年月日、住所などの個人特定可能な情報のほか、財務、医療などに関する個人情報を保護するため、セキュアな電子認証技術の採用の在り方について再検討しています。NXPはID保護のためのセキュアなソリューションの開発をさらに推進すべく、毎年数百万ドルを投資しています。

NXPのシニア・ディレクター兼セキュアIDソリューション担当ゼネラル・マネージャーのSébastien Clamagirandは「デジタル時代の継続的な発展とID盗難や詐欺の低減を可能にする能力は、セキュアで信頼性の高いID認証技術を私たちがいかに進化させるかにかかっています」と述べ、さらに「セキュリティ・マイクロプロセッサにおけるNXPの15年の経験に基づき、私たちの新SmartMX3プラットフォームは先進的なセキュリティ機能と性能を提供します。同時に、独自のFlexMem技術により、今日の市場要件に応じてアプリケーションを適合させる柔軟性をお客様に提供します」と語りました。

SmartMX3 P71D320の主な仕様
最新のSmartMXプラットフォームは革新的なIntegralSecurityアーキテクチャに基づいています。このプラットフォームはセキュリティを強化する以下の新機能を提供します。
  • FlashとROMメモリを組み合わせた独自のFlexMem®メモリ・アーキテクチャにより、高い柔軟性と性能を提供
  • コード/データ向けエンデュランス・メモリの容量拡大と向上により、OS設計を容易に
  • 新しいVertical Firewall技術を使用した先進的なIntegralSecurityアーキテクチャ2.0により、デバイス・メモリ内に各種アプリケーション・コードをセキュアに格納
  • 決済M/Chipのトランザクション時間を30パーセント向上:230ミリ秒
  • 電子政府のSAC(Supplemental Access Control)電子パスポート性能を向上:2秒未満
  • 柔軟性、製品互換性、市場投入期間の短縮により、迅速な投資回収を可能に
  • SmartMX3マイクロコントローラ製品全般にわたり将来性を確保したファミリ・コンセプト
  • 新しい革新的な開発ツールチェーンにより、柔軟性を向上するとともにOEM企業の研究開発負担を軽減
SmartMX3マイクロコントローラ・プラットフォームの詳細については、http://www.nxp.com/SmartMXをご覧ください。また、NXPは新SmartMX3マイクロコントローラ・プラットフォームに関するウェビナーを7月12日に開催します。

SmartMXセキュリティ・コントローラ・ファミリについて
SmartMX MCUは高度にセキュアな高速データ・トランザクションに最適なプラットフォームで、接触型、非接触型、デュアル・インターフェース型アプリケーション向けソリューションとして高い評価を得ており、ICの販売個数は60億超に達しています。上海からロンドン、ニューヨークからベルリンに至るまでの世界の銀行で使用されており、NXPのSmartMX MCUは流通しているチップベース決済カードにおいて、セキュアなトランザクション保護機能として3分の1を超えるシェアを占めています。また、NXPのSmartMX製品はさまざまなデジタル認証スキームのコア・コンポーネントでもあり、電子パスポート、市民カード、国民IDカード、運転免許証、ソーシャル・セキュリティ・カード、健康保険カードなどの電子政府プログラムを実施する145カ国のうち、120カ国で採用されています。SmartMXファミリはNFC対応携帯電話のセキュア・エレメント向け技術としても広く選ばれています。

NXP Semiconductorsについて
NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界33か国強で3万1,000名の従業員が活動しています。2016年の売上高は95億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.com/jp/(日本語)をご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RF製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. © 2017 NXP B.V.

リリース日

2017年7月5日

お問い合わせ

増田 清美
Tel: 050-3823-7031
kiyomi.masuda@nxp.com