NXPと「スマート・シティ」米コロンバス市、スマート・モビリティの未来に向けてパートナーシップを継続

NXPと「スマート・シティ」米コロンバス市、スマート・モビリティの未来に向けてパートナーシップを継続

NXP Semiconductors N.V.は、米運輸省が実施した4,000万米ドルの2016年「スマート・シティ・チャレンジ」の優勝都市であるオハイオ州コロンバス市とのスマート・シティ・コラボレーションの新たなフェーズを発表しました。NXPは「スマート・コロンバス・エクスペリエンス・センター」に対し、スマートで安全なモビリティのカギとなる技術を提供します。

2018年6月30日、コロンバス市は「スマート・コロンバス・エクスペリエンス・センター」の開館式を開催しました。このセンターでは来場者に対し、コネクテッド・カー、自動運転車、カー・シェアリング、電気自動車などの新たなモビリティ・オプションが、コネクテッド・コミュニティとしてのコロンバス市の発展に寄与していくことを紹介します。実践的で教育的な体験と技術デモは、交通分野の技術やイノベーションが地域経済を成長させ、オハイオ中心部の住民に多層的な可能性を創出することを来場者に理解してもらうことを目的としています。

「スマート・コロンバス・エクスペリエンス・センター」イニシアチブの一環として、NXPとCohda Wirelessは同センターの電気自動車試験走行エリアにコネクテッド・ビークル環境を展開し、未来の技術をドライバーが実際に体験できるようにします。また、NXPは前方の危険や遅延をドライバーに警告する付属のドローンとともに電動バイクを提供しました。

コロンバスへのコミットメントの一環として、NXPは「スマート・コロンバス・エクスペリエンス・センター」に以下の主要モビリティ技術に対する貢献を継続します。

  • NXPのRoadLINK V2X技術は車車間、車とインテリジェントな交通インフラ間(路車間)の通信を可能にします。IEEE802.11p狭域通信(DSRC)標準により、車車間や路車間のセキュアな接続が可能になります。DSRC技術は曲がり角の周囲を見渡すことのできる唯一のADASセンサで、通信速度を最短にします。
  • スマートカードIC技術は非接触型運賃決済ソリューションなどのセキュアで便利な公共交通機関チケッティング/支払い決済システムをサポートし、全市民に対する交通サービスを向上します
  • NXPの高度にセキュアな無線周波数識別(RFID)ソリューションは、公共の安全と利便性を促進するために開発されました。このNXPの技術を使用したスマート・シティ・アプリケーションとしては、公共駐車場で停車して料金を支払うステーションを不要にし、ドライバーの利便性向上と自治体のコスト削減を可能にする車両ウィンドウ・ステッカーがあります。
  • 「スマート・コロンバス・エクスペリエンス・センター」で実施予定のモビリティ・デモ

    来場者は、電気自動車の利用がコロンバス市内の移動手段としてエキサイティングで利便性が高く、しかも持続可能でコスト的に手ごろであることを実感できるようになります。6台の電気自動車が展示され、NXPとCohda Wirelessが提供するコネクテッド・ビークル環境での試験走行に利用できます。展示あるいは試験走行に利用可能な車両はBMWが提供するBMW i3、Dave Gill Chevroletが提供するChevrolet Bolt、ホンダが提供するクラリティ、ダイムラーが提供するメルセデス・ベンツGLE 55e、北米日産が提供する日産リーフ、トヨタが提供するプリウス プライムです。NXPが提供する電動バイクとフォードの電動スクーターOjoも同様に展示予定です。

    コメント

    NXPの米国政府との渉外業務を統括するPeter Esserは、次のようにコメントしています。「私たちはコロンバス市エクスペリエンス・センターへの参加を誇りに思います。スマート・モビリティは新たな未来を形作るための教育と強い願望により始まります。新しい『スマート・コロンバス・エクスペリエンス・センター』は技術と教育を融合しており、私たちが世界で実施しているスマート・モビリティ・プロジェクトの一環となるユニークな計画です」。

    Columbus Partnershipのスマート・シティ担当ダイレクターのJordan Davis氏は、次のようにコメントしています。「『スマート・コロンバス・エクスペリエンス・センター』はNXPやCohda Wirelessなどの業界リーダーとのパートナーシップを通じて実現しました。このエクスペリエンス・センターは、人々の生活向上のために都市がいかに技術を活用できるかを私たちがともに示す、エキサイティングなコミュニティ・スペースとなります」。

    NXP Semiconductorsについて

    NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界30か国強で3万名を超える従業員が活動しています。2017年の売上高は92.6億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.com/jp/ (日本語)をご覧ください。

    NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RF製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

    NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. © 2018 NXP B.V.

リリース日

2018年7月6日

お問い合わせ

増田 清美
Tel: 050-3823-7031
kiyomi.masuda@nxp.com