NXPとパートナー、サイバーセキュリティに関する共同憲章に調印

NXPとパートナー、サイバーセキュリティに関する共同憲章に調印

  • 専門の政府省庁の設置と企業の最高情報セキュリティ責任者任命を要請
  • IoTの極めて重要なインフラとソリューションのための独立認証
  • 9パートナーはミュンヘン安全保障会議でサイバーセキュリティに関する初の憲章を提出

NXP Semiconductors N.V.と業界の主要な8パートナーは、ミュンヘン安全保障会議でサイバーセキュリティ強化のための初の共同憲章に調印しました。シーメンスによって提案された「信頼の憲章(Charter of Trust)」は、サイバーセキュリティにおける信頼構築とデジタル化のさらなる推進のための規則と標準/規格の制定を求めています。NXP、シーメンス、ミュンヘン安全保障会議(MSC)のほか、エアバス、アリアンツ、ダイムラーグループ、IBM、SGS、ドイツテレコムが憲章に調印しました。このイニシアチブに対してはG7代表のChrystia Freelandカナダ外相が歓迎の意を表したほか、欧州委員会のElżbieta Bieńkowska域内市場・産業・起業・中小企業担当委員が調印に立ち会いました。

NXPの上級副社長のRuediger Strohは次のようにコメントしています。「IoTに接続する機器の数が増加する中で、サイバーセキュリティと私たちの技術的、社会的資産の保護はグローバルな課題となっています。業界、政府、社会のパートナーとの協力の強化は、セキュア・コネクティビティにおける市場リーダーとしてのNXPの取り組みを補完するものとして、私たちの将来の情報システムとネットワークを保護するための新しい手段と技術の発展に不可欠です。」

この憲章は、政府と企業の双方が積極的に取り組む必要のあるサイバーセキュリティの10の行動分野を定めています。政府の専門省庁の設置と企業の最高情報セキュリティ責任者の任命により、政府と企業の最高レベルでサイバーセキュリティの責任を負うことを求めています。また、企業に対し、自動運転車や、製造プロセスで人間と直接インタラクションを行う未来のロボットなど、特に危険な状況が生じる可能性のある極めて重要なインフラやソリューションのために、強制的な独立した第三者認証の制定を求めています。将来、セキュリティやデータ保護機能が技術の一部として事前設定され、サイバーセキュリティ規制が自由貿易協定に盛り込まれることになるでしょう。またこの憲章の署名団体は、トレーニング、継続的な教育、インタラクティブなイニシアチブを通じたサイバーセキュリティに関する理解の促進への取り組み強化を求めています。

カナダのChrystia Freeland外相は次のようにコメントしています。「セキュアなデジタル・ネットワークは、相互接続された私たちの世界を支える極めて重要なインフラです。カナダはより安全なサイバースペースの創出に向けた、業界の中心的メンバーによる取り組みを歓迎します。サイバーセキュリティは確実に、カナダがG7議長国を務めるこの1年の重点的な取り組みになります。」

サイバーセキュリティはミュンヘン安全保障会議でも最重要課題となりました。

ミュンヘン安全保障会議のWolfgang Ischinger議長は次のようにコメントしています。「各政府はサイバースペースのトランザクション規則に関して、リーダーの役割を果たす必要があります。しかし、未来のサイバースペースの構想と設計の先頭に立つ企業は、標準/規格を作成し、展開しなければなりません。そのため、この憲章が非常に重要になります。パートナーとともに私たちはこの問題を進展させ、内容の定義をサポートします。」

ENISA Threat Landscape Reportによれば、サイバーセキュリティに対する脅威は、2016年だけで世界で5,600億ユーロ超の損害を発生させています。欧州では数か国で、その損害が国内総生産の1.6%にも達しています。デジタル化した世界では、サイバーセキュリティに対する脅威が着実に増加しています。Gartnerによれば、ネットワークに接続されたデバイスの数は2017年に84億に達しており、2016年から31%増加しました。2020年には204億に達すると予測されています。

「信頼の憲章」の本文と詳細については、http://www.charter-of-trust.com をご覧ください。ハッシュタグは#CharterOfTrustです。

NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界30か国強で3万名を超える従業員が活動しています。2017年の売上高は92.6億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.com/jp/ (日本語)をご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RF製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. © 2018 NXP B.V.

リリース日

2018年2月23日

お問い合わせ

増田 清美
Tel: 050-3823-7031
kiyomi.masuda@nxp.com