NXP、スマート・スタジアム体験により2018 FIFAワールドカップ ロシア™決勝戦に新しいセキュリティとコネクティビティを提供

NXP、スマート・スタジアム体験により2018 FIFAワールドカップ ロシア™決勝戦に新しいセキュリティとコネクティビティを提供

NXPのMIFAREがワールドクラスのイベントにスマートな非接触型体験を提供し、NTAG NFC技術がアディダス公式試合球でインタラクションを実現

スマート・スタジアム・ソリューションのパイオニアであり、イノベーターであるNXP Semiconductors N.V.は、決勝戦を間近に控える2018 FIFAワールドカップ ロシア™において、MIFARE®製品が全試合の観戦チケットに採用されていることを発表しました。観戦チケットに内蔵されているNXPの非接触型チップ・ソリューションは、ロシアのワールドカップ・スタジアムへの迅速かつスムーズで安全なアクセスを実現します。さらに、これまでにないコネクテッド体験を実現するために、公式試合球であるアディダスの『Telstar 18』にはNXPのNTAG NFC技術が導入されました。開催史上最も革新的なFIFAワールドカップ™公式試合球は、NFC技術により、スマートフォンと直接通信させることで、各ボールの具体的な詳細が表示されるとともに、ユーザーはFIFAワールドカップ™関連のさまざまなキャンペーンへの参加が可能になります。

コネクティビティ・ソリューションとIoTを活用し、魅力的かつパーソナルでより便利な体験をファンに提供するスマート・スタジアムが世界的に広まりつつあります。2018 FIFAワールドカップ™は世界最大のスポーツ・イベントの1つです。このような大規模なライブ・イベントはチケットの需要が高いことから、転売などの不正行為の標的とされる傾向にあります。FIFAはチケットの二次販売市場対策の重要性について強調しており、ファンに対する安全性とセキュリティ向上および、すべての人々に公平なチケット価格スキームを提供することを発表しています。

RFID技術により偽造防止を強化

チケットの不正取引と転売防止およびイベント全体のセキュリティを強化するため、2018 FIFAワールドカップ ロシア™のすべての公式チケットには、特殊なオリジナリティ・シグネチャにより真贋性をチェックするスマート無線周波数識別(RFID)チップのNXP MIFARE Ultralight® EV1非接触型ICが組み込まれています。このICはチケット毎に埋め込まれており、入場権やチケットのオリジナリティに関する情報を記録し、来場者を偽造チケットから保護するとともに、グレーマーケットに対するFIFAワールドカップ™主催者の視認性を向上します。

チケットのタップ・アンド・ゴー機能はワールドカップの試合の全来場者に対して、会場へのより便利なアクセスを可能にします。非接触型RFIDソリューションでは、来場者は入場確認のために入口の非接触型リーダーにチケットをタップするだけでチケットの確認・検証が完了するため、バーコードやQRコードのチケットに比べ、スタジアムへのより迅速なアクセスが可能になります。過去にロシアで開催された2017 FIFAコンフェデレーションズカップでも、同様にMIFARE製品ベースの電子チケット・ソリューションが採用され、使いやすさと偽造チケット検知機能によりファンからの高い評価を獲得しました。

NXPの副社長兼セキュア・モビリティ&リテール担当ゼネラル・マネージャーのMarkus Staebleinは、次のようにコメントしています。「私たちは世界中のイベントで便利なチケット管理とセキュアな決済体験を可能にしてきた長い歴史を持っており、今後のさらなる活用に向け注力しています。すでにさまざまな場面でその技術が実証されてきたMIFARE製品がこのたび2018 FIFAワールドカップ™において選択されたことは、NXPがシームレスなファン体験および、ファンや主催者のためのチケット偽造・転売行為防止における技術サポートを全面的に委託されたことにつながります。」

新たなコネクテッド・ファン体験

史上初めて、FIFAワールドカップ™公式試合球にNFC技術が組み込まれ、これまでにないエキサイティングなインタラクションが実現しました。NXPの NTAG® NFCソリューションにより、ファンはアディダスの公式試合球『 Telstar 18』にスマートフォンをタップするだけで通信することができます。ボールはユニークなIDを生成し、他では得られないコンテンツや情報を消費者に提供します。パーソナル化し、位置認識機能を備えたユーザー体験によって、各ボールの具体的な詳細が表示されるとともに、消費者は2018 FIFAワールドカップ™関連のさまざまなキャンペーンへの参加が可能になりました。業界をリードするNXPのNTAG NFC技術はファンに魅力やエンターテインメントを提供するとともに、継続した支持獲得に向けた消費者とのダイレクト・コミュニケーションを提供します。

スマート・スタジアム技術ソリューションのリーダー

革新的なスマート・スタジアム技術をけん引するNXPは2004年以来、各種スタジアム・ソリューションを提供しており、 ウィーン台北トルコで開催された重大国際スポーツ・イベントにおいてトラスティッド・プロバイダとして従事してきています。アクセス管理、マイクロ・ペイメント(少額決済)、消費者とのかかわりにRFIDや非接触型ソリューションを使用することにより、イベントの主催者は来場者に関する有用なデータや正確な参加者プロファイルの入手が可能になります。こうした結果はイベント運営の向上や、よりパーソナルなファン体験の提供のために活用することができ、イベントの収益を増大します。NXPは革新的でセキュアなコネクティビティ・ソリューションにより、スタジアム・オペレーターの目標達成に対するサポートに注力しています。

  • 競技会場、VIPエリア、トレーニング・センター、選手の宿泊施設への迅速で便利なアクセスのための非接触型イベント・チケット管理
  • スタジアム内の迅速でセキュアな購入決済を実現するキャッシュレス・マイクロペイメント
  • 偽造に対するセキュアな保護とパーソナルでよりかかわりの深いカスタマー・エクスペリエンスを提供するNFC対応商品
  • 来場者の行動をトラッキングするとともにイベント施設へのハンズフリー・アクセスを可能にするRAIN RFID技術
  • セルラー・インフラ向けの高性能RFパワー・デバイス

2018 FIFAワールドカップ ロシア™のチケットで使用されているNXPのMIFARE Ultralight EV1非接触型ICの詳細については、 https://www.mifare.net/en/products/chip-card-ics/mifare-ultralight/mifare-ultralight-ev1/をご覧ください。

NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界30か国強で3万名を超える従業員が活動しています。2017年の売上高は92.6億米ドルでした。詳細はWebサイト http://www.nxp.com/jp/ (日本語)をご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RF製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

NXP、NXPロゴ、MIFARE、MIFARE Ultralight、NTAGはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. © 2018 NXP B.V.

リリース日

2018年7月13日

お問い合わせ

増田 清美
Tel: 050-3823-7031
kiyomi.masuda@nxp.com