NXP、ハイブリッド車/電気自動車(HEV/EV)への移行を加速するGreenBox開発プラットフォームを発表

NXP、ハイブリッド車/電気自動車(HEV/EV)への移行を加速するGreenBox開発プラットフォームを発表

次世代電気駆動自動車の制御アルゴリズムとエネルギー・マネジメント・タスクの設計とテストのための高性能プロセッシング・プラットフォーム

NXP Semiconductors N.V.はGreenBox自動車電動化開発プラットフォームの提供開始を発表しました。GreenBoxにより、自動車メーカーとサプライヤはArm® Cortex®技術をベースとするNXPのS32車載プロセッシング・マルチコア・プラットフォーム上での次世代ハイブリッド車/電気自動車アプリケーションの早期開発が可能になります。

世界的に温室効果ガスの排出に関する法的規制が増加し、燃費目標が厳しくなる中で、伝統的な自動車メーカーと新規参入メーカーはいずれも電気自動車/ハイブリッド車の早期市場投入を迫られています。GreenBoxは次世代ハイブリッド車/完全電気自動車にとって極めて重要な新制御アルゴリズムとエネルギー・マネジメント・タスクの設計とテストのための高性能プロセッシング・プラットフォームを提供します。

GreenBoxはNXPの次世代HEV/EV用S32車載MCUに向けた開発プラットフォームであり、搭載されるこのMCUは安全、セキュアでフォールト・トレラントな構成に基づいて構築されたS32車載プロセッシング・プラットフォームの1つです。このS32車載MCUは明日のHEV/EVアプリケーションのための、極めて厳しいコンピューティング/メモリ要件を満たします。

GreenBox開発環境の使用により、開発者は自身の開発ハードウェアとのインターフェースのためにアドバンスト・タイマ、モーター制御ペリフェラル、アナログ・サブシステムなどの高度に最適化された高性能ペリフェラルを組み合わせることも可能になります。

GreenBoxには2つの設定が用意されています。1つは完全電気自動車の開発向けで、モーター制御機能とバッテリ・マネジメント機能をサポートします。もう1つはハイブリッド・アプリケーションの開発向けで、従来のエンジン制御機能と電気自動車機能の2つをサポートします。

最近、中国、インド、フランス、米国の数州やその他の国が、内燃機関の製造終了に関する法律を通過させるか、あるいは法制化の意向を示しています。さらに、ハイブリッド車/電気自動車の増加に伴い、内燃機関の年平均成長率は低下しています。

NXPのビークル・ダイナミクスおよびセーフティ担当副社長のRay Cornynは次のようにコメントしています。「規制、市場の指標、長期的な車載開発サイクルなどの要因により、自動車メーカーは電動化を実現する次世代プロセッサの実用化前の現段階でHEV/EVシステムの開発を開始することが必要になっています。GreenBoxは次世代HEV/EV用S32車載MCUのサンプル出荷に先駆けてハードウェア開発環境を自動車メーカーに提供し、こうした課題に対応します。」

GreenBox自動車電動化開発プラットフォームについて

  • トラクション・モーター、モーター制御ユニット、バッテリ・マネジメント・システム、ハイブリッド/車両制御ユニット、統合DC/DCコンバータなどを含め、ハイブリッド車/電動自動車内燃機関向けに開発
  • Arm Cortexベース開発環境を含むハードウェア開発ボード
  • ハイブリッド/内燃機関またはモーター制御/バッテリ・マネジメント・アプリケーションのいずれかに向けて最適化されたペリフェラル・ボード
  • AUTOSARオペレーティング・システムとMCALドライバを搭載
  • 開発者はS32 Design Studio IDEにアクセス可能
  • Quick Start Guide、アプリケーション・コード、基本の制御サンプルを備えており、すぐに使用可能

NXP GreenBoxをEmbedded World 2018で紹介

NXPは2月27日から3月1日までドイツのニュルンベルクで開催されるEmbedded World 2018(ホール4A、ブース220)でGreen Box開発プラットフォームのデモを実施し、未来のハイブリッド電気自動車向けのモーターとエンジン・アプリケーションのいずれにも対応する次世代高性能MCUを紹介します。

NXP GreenBoxはすでに提供開始

GreenBox電動化開発プラットフォームはアルファ・カスタマーに数量限定で提供しています。詳細についてはNXPの営業所にお問い合わせください。または、http://www.nxp.com/GreenBox をご覧ください。

NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界30か国強で3万名を超える従業員が活動しています。2017年の売上高は92.6億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.com/jp/ (日本語)をご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RF製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。Arm、CortexはARM Ltd.またはEU/その他の地域における子会社の登録商標です。All rights reserved. © 2018 NXP B.V.

リリース日

2018年2月21日

お問い合わせ

増田 清美
Tel: 050-3823-7031
kiyomi.masuda@nxp.com