RFエネルギー・トランジスタ活用への道を拓く、マルチレベルの製品ポートフォリオ

NXP、RFエネルギーの活用を可能に

RFエネルギー・トランジスタ活用への道を拓く、マルチレベルの製品ポートフォリオ

RFエネルギーの使用によってソリッド・ステート技術がシステムの制御機能や信頼性を向上することは長年、認識されてきましたが、エンジニアによるRFパワー・トランジスタの活用をサポートする開発ツールが欠如していました。このたび、NXP Semiconductors N.V.はRFエネルギー向けのRFEシステム・ソリューション・シリーズを発表しました。新製品の2.45GHz、250Wプラットフォーム・ソリューションにより、エンジニアは画期的な新しい方法での革新的な高性能システムのプロトタイプ製作や開発が可能になります。

RFEシリーズはRFパワー設計の成功をもたらす、個々のステップに対応したマルチレベルの製品ポートフォリオです。

  • RFELラボ・ボックス: 自動調整機能付きの直観的なPCベース・グラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)によって操作し、反射電力測定機能を備えたプラグ&プレイ型RFジェネレータ。このラボ・ボックスは完全統合型で、動作に必要なのはPCのみです。RFの専門知識や機器は不要で、評価や初期プロトタイプ製作に最適です。
  • RFEMモジュール: RFパワー・トランジスタのラインナップとNXPのKinetisマイクロコントローラの組み合わせにより、周波数スイープやクローズドループ・モードなどの複数の動作を可能にする拡張ソフトウェア・アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)をサポートします。RFの広範な専門知識は不要で、迅速なプロトタイプ製作を可能にします。
  • RFEPパレット: 設計サイクルの迅速化のためにNXPのRFマッチング・ノウハウの活用を希望するRFエンジニア向けに開発された3段パワーアンプ・リファレンス・デザイン。
  • RFトランジスタ: NXPは高性能RFコンポーネントと合わせて、RFパワーのエキスパート向けの関連評価ボードを提供しています。

ラボ・ボックスにより、システム開発者は迅速でコスト効率の高いプロトタイプ製作が可能になります。概念実証が完了すれば、エンジニアはモジュールとパレットを活用して生産システムの設計を迅速化できます。さらに、NXPはカスタム化した量産可能なソリューションをより迅速に提供するため、入念に選定したスキルの高いデザイン・ハウスやODMパートナーのエコシステムを構築しています。

NXPのシニア・ダイレクター兼マルチマーケットRFパワー担当ゼネラル・マネージャーのPierre Pielは、次のようにコメントしています。「私たちのRFEシリーズは、RFシステムの開発を迅速化するツールを特長としています。私たちはRFトランジスタとともに、RFエネルギー・システム開発の複雑さを最小化するマルチレベルのハードウェアとソフトウェアを提供しています」。

イノベーションを実現

トランジスタは真空管を使用しているRFパワー・システムを新たな次元に引き上げます。

主な特長:

  • フル・ダイナミック・レンジにわたって高精度電力制御をサポートし、RFエネルギーの高精度使用を可能にする周波数可変を実現します。
  • 経時的な性能劣化を最小に抑えながら長年にわたり電力を安定供給することにより、総所有コストを低減します。
  • 動作電圧の代表値は30Vまたは50Vで、安全性を向上します。

RF Energy Allianceのエグゼクティブ・ダイレクターのKlaus Werner博士は、次のようにコメントしています。「ソリッド・ステートRFエネルギーは消費者向けクッキングから外科手術による切除、産業用加熱機器などに至るまでの、高精度、柔軟性、再現性が極めて重要な広範な市場の変革を促します。NXPの新RFエネルギー・シリーズなどのソリューションにより、エンジニアはこうした革新的技術を主要な市場に投入するための必要な手段を利用できるようになります」。

価格と供給

NXPは2.45GHz、250WのRFEシリーズを発表しました。量産出荷は2018年9月に開始予定です。

  • RFEL24-500:2 x 250Wラボ・ボックスで、価格は10,000米ドル。
  • RFEM24-250:250Wモジュールで、価格は2,500米ドル。RFEM24-250モジュール2個がRFEL24-500ラボ・ボックスに搭載されています。
  • RFEP24-300:300Wパレットで、価格は1,500米ドル。

注:上記の価格はNXPの正規販売代理店を通じた推奨価格です。

3つのソリューションはいずれも、ドレイン効率60%で2400~2500MHz動作のNXPのフラッグシップMRF24300N 300W LDMOSトランジスタに基づいて開発されました。MRF24300N RFトランジスタは量産出荷中で、少なくとも2026年までの供給を保証するNXPの長期製品供給プログラムの対象です。

詳細については、http://www.nxp.com/RFenergy をご覧ください。

NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界30か国強で3万名を超える従業員が活動しています。2017年の売上高は92.6億米ドルでした。詳細はWebサイトhttps://www.nxp.com/jp/ (日本語)をご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RF製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. © 2018 NXP B.V.

リリース日

2018年6月29日

お問い合わせ

増田 清美
Tel: 050-3823-7031
kiyomi.masuda@nxp.com