NXP、決済カード向けの革新的技術を発表

NXP、決済カード向けの革新的技術を発表

新しい指紋認証カード・ソリューションと、200ms未満の高速決済カード・トランザクション

NXP Semiconductors N.V.は10月22日(日)から25日(水)まで米国ネバダ州ラスベガスで開催された世界最大のフィンテック・イノベーション・イベントであるMoney 20/20で、2つの重要な革新的技術を発表しました。NXPは新しい非接触型指紋認証カード「フィンガープリント・オン・カード」ソリューションを出展するとともに、新たな世界的ベンチマークとなる高速決済カード・トランザクションのデモを行いました。

決済カード上に指紋センサ

「フィンガープリント・オン・カード」ソリューションは決済ネットワーク・オペレーターや銀行に対して、消費者向けのセキュアで便利な高速決済カード・オプションを提供します。デュアル・インターフェース・カードと統合型指紋センサの組み合わせにより、エンドユーザーによるPIN番号の入力を不要にし、より高速なトランザクションを可能にします。

NXPの上席副社長兼セキュア・モバイル・トランザクション&アイデンティフィケーション事業部ゼネラル・マネージャーのRafael Sotomayorは「この結果、消費者にとってセキュアで非常に便利な決済方法が実現します。モバイル決済において今日のNFCベースのモバイル・ウォレットが提供している利便性を、カードでも提供できるようになります。電子パスポートなどの他のフォームファクタやアプリケーションでの使用にも応用できます」と述べ、さらに「この技術革新は、お客様の次世代アプリケーションやソリューションの市場投入を支援することにより、決済とセキュアID分野でのNXPのコミットメントをさらに強固なものにします」と語りました。

カードメーカーの市場参入障壁を低減するため、NXPのカード上のセキュア指紋認証ソリューションはバッテリを必要とせずに、広範な決済エコシステムの1つとして標準的なカードメーカーの装置に容易に適合します。指紋認証カードは既存のEMVCo準拠POSシステムに完全に準拠します。

トランザクション速度で新ベンチマークを樹立

NXPの高性能プラットフォームはシームレスかつ高速でスマートなカード・トランザクション機能を提供し、MastercardのM/Chip にて300msの業界要件を凌駕する200ms未満のトランザクション速度を実現します。

NXPの上席副社長兼セキュア・モバイル・トランザクション&アイデンティフィケーション事業部ゼネラル・マネージャーのRafael Sotomayorは「こうした性能レベルの向上により、新機能や高度な暗号による不正対策の追加が可能になり、かつ業界の現行トランザクション要件に対応します」と述べ、さらに「決済トランザクションの高速化へのニーズは今後も高まります。NXPはこうしたニーズに対応し、非接触型トランザクションの高速化とセキュリティの向上に注力していきます」と語りました。

NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界33か国強で3万1,000名の従業員が活動しています。2016年の売上高は95億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.com/jp/ (日本語)をご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RF製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. © 2017 NXP B.V.

リリース日

2017年10月31日

お問い合わせ

増田 清美
Tel: 050-3823-7031
kiyomi.masuda@nxp.com