NXP、Time Sensitive Networking(TSN)向けの安全でセキュアな車載イーサネット・スイッチを発表

新イーサネット・スイッチは高いレベルの性能、安全性、セキュリティを提供するNXP車載ネットワーキング・ソリューションの主要コンポーネント

世界最大の車載半導体サプライヤであるNXP Semiconductorsは最新のコネクテッド・カーに求められる車載高速ネットワークの提供を可能にするマルチギガビット・イーサネット・スイッチを発表しました。新製品のSJA1110は安全機能、100BASE-T1 PHY、ハードウェアベースのセキュリティ、マルチギガビット・インターフェースを内蔵した初の車載イーサネット・スイッチです。SJA1110スイッチはNXPのS32G車載ネットワーク・プロセッサとの統合に最適化されており、VR5510パワーマネジメントICを含む全体ネットワーキング・ソリューションの構成部品でもあります。このソリューションは今日の車載ネットワーキングが直面しているスケーラビリティ、安全性、セキュリティ、高速トラフィック・エンジニアリングなどの面での極めて大きな技術的課題に対応します。

Over-the-Air(OTA)アップデートや最新のデータ主導型アプリケーションなどのコネクテッド・サービスに対応するともに、その基礎となるイーサネットベースのウェブ・センサ、アクチュエータ、プロセッシング・ユニットをサポートするためには、高性能の新たなサービス指向ゲートウェイとドメイン・コントローラが必要になります。こうしたネットワークにはクルマ、同乗者、その個人データを危険にさらすことなく、スケーラビリティと迅速かつセキュアなデータ伝送が求められます。さらに、クルマが故障した際の安全な動作の確保に必要な機能安全の提供も必要です。

SJA1110イーサネット・スイッチにより、自動車メーカーはスケーラビリティ、セキュリティ、性能を確保するとともに、高/低ポート数ECUの各種ハードウェア機能の適切な組み合わせとバランスのとれたポート数を得ることができます。SJA1110は最新のTSN標準規格に対応しており、マルチギガビット・インターフェースとともに100BASE-T1 PHY、ハードウェアベースのセキュリティ/安全機能を内蔵しています。

安全性

SJA1110は予知メンテナンス・ソリューションを可能にする専用の故障検出メカニズムを実装しており、お客様はASIL要件への準拠とクルマの安全機能の強化が可能になります。このようなアプローチは自動車の最終オーナーの満足度に大きく貢献するとともに、大規模車両管理企業のコスト低減と効率向上を可能にします。

セキュリティ

SJA1110にはハードウェアベースのセキュア・ブート、DoS防止、分散型侵入検知機能をすべて備えた多層セキュリティ・アプローチの一部として、銀行カードや電子パスポートでのNXPの長年の経験やノウハウが活かされています。SJA1110スイッチはECUに達するまでの個々のイーサネット・フレームを、ハードウェアベースのセキュリティ・ルールに基づく検証により処理します。このルールは何かが仕様に準拠しない場合、代わりに統計値を収集し、エスカレーションをトリガーすることができます。こうしたメカニズムはクラス最高のファイアウォールや侵入検知システムを構築するための基礎となります。

スケーラビリティ

SJA1110スイッチは豊富なNXPオリジナル・ソフトウェア、オープン統合型コントローラ、複数のBOM最適化オプションとともに、4つの異なるハードウェア(HW)/ソフトウェア(SW)互換の製品ラインアップが用意されており、複雑なゲートウェイ、先進運転支援システム、インフォテインメント・ユニット向けのスケーラブルなECU設計の堅牢な基礎を提供します。

NXPの車載ネットワーク・システム・ソリューション

安全かつセキュアなマルチギガビット車載イーサネット・スイッチSJA1110は、VR5510 PMICを含む車載ネットワーク・システム・ソリューションの構成部品として、S32G車載ネットワーク・プロセッサとの統合に最適化されています。S32GプロセッサとSJA1110は自動車業界における高性能ドメインベース車載アーキテクチャへの移行を可能にするとともに、ソフトウェアの複雑さを低減し、セキュリティと安全性を強化します。S32Gプロセッサは世界的なトップ自動車メーカーに採用されており、ビジネス機会がより拡大する自動車データを活用するサービス・プロバイダへの、自動車メーカーの転換をサポートするサービス指向ゲートウェイで重要な役割を果たすことになります。

本発表に関する添付画像はhttps://www.globenewswire.com/NewsRoom/AttachmentNg/b57fc370-f325-4806-8bfd-6fa27d9fb7f2をご参照ください。

NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、オートモーティブ、インダストリアル& IoT、モバイル、通信インフラ市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPは世界30か国強で3万名を超える従業員を擁しています。2018年の売上高は94.1億米ドルでした。詳細はWebサイトwww.nxp.comをご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造するプロセッシング・ソリューション、認証技術、コネクティビティ、高出力RFやアナログ製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、名古屋および大阪に営業所があります。詳細はWebサイトwww.nxp.jp(日本語)をご覧ください。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者に帰属します。All rights reserved. © 2020 NXP B.V.

リリース日

2020年1月8日

お問い合わせ

増田 清美

Tel: 050-3823-7031

kiyomi.masuda@nxp.com