NXPのセキュア・ビークル・アーキテクチャ
コネクテッド・カー向けマルチレイヤ防御

現代の車は、より安全で、便利で楽しいドライビング・エクスペリエンスを実現しながら、外部ネットワークに接続しています。しかし、同時にサイバー攻撃に対して脆弱となります。

どのように貢献するか

NXPのセキュア・ビークル・アーキテクチャは、4つの主要なシステムを通じてクルマ全体を保護する4+1レイヤ・フレームワークを特長としています。これに加え、NXPの業界をリードするセキュア・カー・アクセス製品は、さらに物理的な保護を提供します。

NXPは今日のコネクテッド・カーを安全にします

それぞれの接続コンポーネントは、それぞれ独自のセキュリティ実現のための課題を抱えています。NXPの4+1フレームワークは、コネクテッド・カーにおけるセキュリティの需要を満たす適切なレベルのプロテクションおよび防衛手段を提供します。この構造化されたアプローチは、クルマの外周からそれぞれの電子制御ユニット(ECU)まで、脆弱性を排除しながら、さまざまなレベルの防御を実現します。

セキュア・インターフェース

当レイヤは、改ざん防止のトラストアンカーとしてセキュア・エレメントを用いながら、車々間の通信を保護します。

詳細

セキュア・ゲートウェイ

セントラル・ゲートウェイは、車内外のネットワークの間のファイアウォールとして機能します。また、セキュアな無線でのファームウェア更新の実行において、重要な役割を果たします。

ホワイトペーパーを読む

セキュア・ネットワーク

NXPのセキュア・ネットワーク・レイヤは、車内ネットワークにおける通信を保護するため、NXPのトランシーバまたはMCUのバス監視および暗号化機能を使用しています。

詳細

セキュア・プロセッサ

NXP microcontrollers with SHE and HSM modules protect software from being manipulated and supports secure software updates and data protection.

詳細

セキュア・カー・アクセス

NXPの+1レイヤは、ユーザーのより一層の利便性を実現するスマートな機能を付加することで、クルマの盗難や不正なアクセスからクルマを守ります。

詳細